いつまでも若々しくいたいと願っている方がほとんどではないでしょうか?

よくよく美容のために

毎日2時間ジムで運動したり、野菜しか食べない、
無理なダイエットしたりしては、

リバウンドを繰り返している方が多いような気がします・・・。

前回お話しした
「ハイテンション (高揚しすぎ)」になり過ぎて、ドーパミンを出し過ぎて、
勝手に気持ち良くなる人が多い。

ドーパミンは報酬系でエスカレートして、止まらなくなる。。。

気持ちイイ状態を毎日感じる事で、自分は、私は、成長していると言い聞かせている。
達成感がないと、物足りなさを感じてしまう。
挙句の果ては、関係ない事にも手を出してしまい、あきらめる・・・。

あとは「もう歳だから」と言った時点で老ける道に進むことだってある
思い込みは現実になります。思考は現実になる。

何かの話の中で
「もう歳だから・・・、もう歳だから・・・」って言ってる人を今度観察してください

いつまでも若々しくいたいと願っている方は、
心地よくまっすぐ立てること、「セロトニン」を出すこと。

セロトニンは姿勢を維持する筋肉に作用し、美容にだって効果がある。
顔のリフトアップにも効果がある。

セロトニンを出すためには、いろいろと方法があるのですが
簡単に24時間できるのが呼吸です。

当院は「呼吸」 息づかいを調節します。
すると穏やかで、全体を見渡せる集中力がついてくる。

逆にドーパミンは一点集中で、カラダをガチガチに固くしてしまう。。。
セロトニンは緩ませてくれる。心地よくしてくれる!!

昔、『鈍感力』という本で

人間の五感などで様々な感覚器官において、
鋭すぎる事は、マイナスに働くことがある。

鋭い人より、鈍感で鈍い人の方が消耗することなく、
のんびりおおらかに元気に長生きできるみたいです。

著名人や活躍している人を見ると
鈍感力が高い人が多かったりしませんか

例えば、視力。
眼が良すぎで、2.0の人は何もかもが見えすぎて、
かえって余計なものも見えて疲れるらしい

僕も視力は0.4ぐらいでしたが、
眼鏡をかけずに生活していた時の方が疲れなかった。
今はコンタクトでバッチリ見え過ぎて疲れちゃいます。

日本では視力は1.0くらいが丁度いいらしいです。

正直カラダは難解過ぎて、色んな先生によって見解や答えが違ってきます。

メンタル的に弱っている人に「頑張れ」とは言えないです。

病気もある意味 自分の思い込みで作り出している部分も多い。

そういった思考を少しでも外せるように、シンプルに、
無理なく、「心地よく」自然にまっすぐ立てる状態。

色々な患者さんを診て、観察して、
シンプルが良いってことを学ばせていただきました

それこそがいつまでも若々しくいられるスタイルなんです。

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る