「何か分からないけど身体がダルイ」

こんな症状を訴える方が、かなりいたりします。
病院では「不定愁訴」「自律神経失調症」で片づけられている人です。

「肩こり」もあるし「腰痛」もあるし、
「腕」も上がりにくい、「めまい」「疲れが取れない」
全身くまなく症状を抱えている人がおられます。

そして「〇〇さんはどこに一番不調がありますか?」と質問すると、
多くの場合
「わかりません・・・」「ただしんどいです・・・」
と返答される方が、これまた多い・・・。

「目をつむりながら」
軽く手をバンザイしてもらうと、どちらかの手が上がりにくいのかが分かります。

足元を見て、
足裏の位置、膝の曲がり具合、左右バラバラになってますねって聞いてみると
「初めて気がつきました」

いつも腕組みしてますよね?
「初めて気がつきました」

いつも右(or左)肘置きありますよね?
「初めて気がつきました」

っておっしゃいます。

「では今度は仰向けになり」
患者さん自身で両膝を立てて、左の膝に右脚をかけて、
右脚の力を抜いてブラブラ揺らしてください。
左脚も同様の動きをしてください。
この時「ほとんど動きません!!」と。

この方は、右足首と右すね外側が動くけれど、
同様の左足首と左すね外側が
まったく普段動かせていないのが分かりました。

これだけではありませんが、
左右のバランスのくずれから、
頭から足の先まで症状が発生する背景には、

身体の中に感覚的に使えていない場所があったり する。

子どもの時は動かせていたことが、
普段の環境や動かし方がワンパターンになり、
動かなくなっている場所があったということです。

鏡に映る自分の姿は気にしていないだけで変化しているのです。

自分の身体と内側から発した感覚とのズレがあったのなら、
今は症状は軽くとも、
次第に症状が悪化してしまう可能性があってもおかしくないと
僕は感じています。

ただ単にマッサージや電気で筋肉をもみほぐしても、
一過性で、腕や脚に力が入らない、左右で同じように使えていないのであれば、
まず先にちゃんと力が入る状態に戻してあげることが大事です。

う~ん、道具や機械と似てると思うのです。
その人の使い方で、耐久年数って変わるじゃないですか。

「身体の中で感覚できないところないんてない!!」
「自分の身体は自分が一番よく知っている!!」と思ってる方でも
実際の自分の身体の状態を知ると、
発見や「そうか」って思うことがあるはずです。

身体をよく動かしているスポーツマンでも
気づいてない方が本当に多いです・・・。

自分ではわからないからこそ、
どんどん感覚が鈍い場所、鈍感な場所が増えてしまい、
いつしか頭の先から足の先まで、
全身に不調を抱えることになるかもしれません。

早めの対処によって、体の内側が変化します。

「なんだか分からないけどいつもの状態と違う」と
悶々と考えている方がいれば、ぜひ一度ご相談ください。
一緒に見つけましょう(^_^)

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る