突然ですが、イチロー選手、美しいですよね。

美しく見える要因には、フォームが整っている・強い信念があらわれているなど、諸説あると思います。

しかし、いずれにせよ、イチロー選手が美しく見えること自体には多くの人が同意するのではないでしょうか。

今回は私たちが共通して感じるイチロー選手の美しさについて、整体の視点から考えてみたいと思います。

私たちは「左右対称」を本能的に美しいと感じる

結論からお伝えすると、イチロー選手が美しいのはカラダが左右対称だから、というのが私の見解です。

そもそも左右対称とは、体の最も自然な状態です。

それゆえに、体が本来持っている強さやスピードが最大化されます。

体の「タテ」の自然な状態は「まっすぐ立つ」と僕は表現しています。

「ヨコ」の自然な状態は「左右対称」とお考えください。

左右対称であることによって強さやスピードが出る例は、身の回りにも多くあります。

寺院など古くから残る建物、飛行機・船・車などの乗り物は、ほとんど左右対称です。

また、人間を含む多くの動物は、左右対称である個体を「美しい」と感じる(端的に言えば「モテる」)ようになっています。

おそらく、左右対称は最もパワーが出る状態であることから、本能的に優れていると感じるようにプログラムされているのでしょう。

右手で投げる人は右手ばかり鍛えてはいけない

それでは、なぜ同じスポーツ選手の中でも特にイチロー選手が美しいと感じるのでしょうか。

それは、整体の観点から言うと、カラダの左右を均等に鍛えているスポーツ選手は実は少ないからです。

一般的に、投げる・打つといった動作を伴うスポーツは、左右の利き手側だけを鍛えてしまいがちです。

テニスやバドミントンなどをやっていて利き手の方が発達して長くなる、という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ですが、実は左右の得意な方だけを鍛えても、体のパワーは最大化されません。

それどころか、片側だけが強いと怪我の危険が高まります。

例えば右手でボールを投げるとき、体の右側の筋肉だけでなく、ストッパーとなる左側の筋肉もセットになって働きます。

ストッパーが働くことで、投げた瞬間に体がバランスを崩して倒れてしまうのを防いでいるのです。

このとき、左側の筋肉が弱いと、右側が力を出しすぎないよう脳がストップをかけます。

その結果、右側の力が最大限発揮されないのです。

その状態を超えて無理に右側の力を出そうとすると、体がバランスを崩し、肩や肘の怪我につながります。

つまり、使うのは左右のどちらか一方だとしても、左右を均等に鍛えることが重要です。

プロのスポーツ選手でも、この点を見落としている人は結構多いと思います。

私は整体師として20年以上、様々な人の体を診てきました。

そのおかげで、街を歩く人やテレビに出てくる人のカラダのバランスが気になってしまうのですが、
そんな私から見ても、イチロー選手は群を抜いて美しいと感じます。

恐らく、全身を非常にバランスよく鍛えているのでしょう。

優れたパフォーマンスを出せるのも納得です。

イチロー選手以外の例を挙げると、ダルビッシュ有選手は右利きですが、練習では左で投げることが多いそうです(14歳の頃からの習慣だとか)。

歌手の郷ひろみさんは、50代になってから左利きに矯正し、長年の右利きによって偏った体のバランスを修正したといいます。

一流と言われる人々の意識の高さからも、左右のバランスの重要性がわかると思います。

<次回へ続く>

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る