突然ですが、今皆さんは呼吸は口でしていますか? 鼻でしていますか?

特に子どもに関しては、約8割の子どもは口呼吸になっています。

普段の生活の中で、何気なく口をポカンと開けていませんか?
だから、猫背にもなりやすくなります。

普段口呼吸で眠っている人は、いびきや歯ぎしり、
さらに睡眠時に呼吸が止まってしまう
「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があり、
睡眠の質を落としてしまうんです。

口呼吸では十分な酸素を体内に取り入れることができないため、
からだが酸欠の状態になっています。

口呼吸は病原体を身体に侵入させやすく、
免疫システムに悪影響をもたらします。

そしてもう一つ顕著なのが、「メンタル」=自律神経との関係です。

口呼吸が身体に及ぼす影響

〇免疫システム・・・風邪、アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、
          インフルエンザ、冷え性、etc…

〇メンタル  ・・・自律神経失調症、うつ、パニック、過呼吸、etc…

〇ドライマウス ・・・歯並び、顎関節症、虫歯、口臭、etc…

そこで、お家で簡単にできるセルフケア2つ!!をご紹介します。
実際に僕の息子にも試した2つです。

一つ目は、「あいうべ体操」です。

口の周りの筋肉を鍛える体操で、
とても簡単にできるのでぜひ親子でお試しください!

インフルエンザ予防に効果があり、
小学校では実際に激減したらしいです。

※顎関節症の方は、「い」「う」だけで十分です。

「あいうべ体操」
①「あー」と口を大きく開く
②「いー」と口を大きく横に広げる
③「うー」と口を前に突き出す
④「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

※①~④を1回として、1日30回を目安に毎日続けましょう

もう一つは、「マウステープ」です。

朝起きた時に、口の中が乾いている、のどがイガイガする、
たっぷり寝たはずが疲れが取れない…という方向きです。
僕は疲れた時などにこれを使用しています。

スポーツ、吹奏楽、おしゃべり好きな人は、
日常生活で口呼吸に変わることが多いですので、

鼻呼吸をする時間を意識してくださいね。

なぜ今回オススメしたかというと、
花粉の時期や夏場の暑い時期はしんどいので、
今がチャンスかなって思います。

鼻から吸うので、小顔効果、美容効果もありますよ。

当院の療方も、呼吸を調整しています。

自宅でもぜひやってみてください。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る