最近、急な「めまい」を起こしたり、
気分が全然上がらなくなったりする新しい患者さんが多いです。

今まで「めまい」が出たことがなかった人が、
急にフワフワするようなめまいを起こすなど、
同じような症状で来院される方が急に増えてきました。

病院では「疲れ」「頭痛」「睡眠不足」「風邪」「アレルギー」
いろいろ言われたのち、
原因が解らないので精神安定剤をしばらく服用されている方が
来院されました。

「うちのカラダどうなってるの?」と
不安を抱えていました。

一体なぜ今の時期に急に「めまい」「喪失感」が出るのでしょうか!?

一つの原因として
気温の急激な変化に身体がついていかないことがあげられます。
「寒いのか暑いのか」何を着ていけばいいのか分からない時期です。

けれど、夏よりは冬は過ごしやすいはずです!!

体温調節するにも

身体には必要な場所に、必要なだけ「気」「血」
送ることができれば、
急な気温の変化にも身体がついていけるのですが、

日頃から「気」「血」の停滞があると流れが悪くなり、
必要な場所に必要なものを送ることがしにくくなることによって、
アンバランスが生じ「めまい」「ふらつき」が起こりやすい。

発汗や体温、血流量などをコントロールしている
司令塔「自律神経」
ついていけない状態と考えてください。

秋の季節の朝晩の冷え込みと、
手足の冷えが出てくる頃、
一日の中で気温が10℃以上変化すると
自律神経に異常をきたします。

特に室内、オフィス環境で仕事をしている
日頃、冷暖訪完備の施設で働いている方や、

あまり外出しない方は、
急激な気温変動の影響を受けやすいです。

自律神経失調症も原因の一つではないかと思います。

自然な環境で動き回っている人が良いですが、
一年中、人工的に一定の環境を作って生活していると、

もちろん身体は弱くなる、抵抗力も落ちる。
いざという時の瞬発力や察知力が働かず、
身体の機能が衰えていきます。

結果、朝晩の冷え込みに適応できなかったり、
気温の変動に身体がついていけず、
「めまい」「ふらつき」のような不調が表れてしまいます。

一番の原因は
「変動についていけない身体になってしまったこと」

身体は必要があれば発達し、
必要がなければ退化するようになってます。

気温が一定の中で育ってしまうと、
急激な気温の変化に耐えられない身体に
変化していってしまいます。

冷暖房がない時代は、
家の中と外では大きな差がなかったらしいです。

僕も現代人なのでわかりませんが、
家にはすきま風が入ってくるのが当然で、

今みたいにヒートテックもありませんでした・・・。
僕は昔の生活に戻らないといけないとは言ってませんが、
便利すぎる生活が原因で
身体に不調が表れていることが多いのを知ってほしいです。

季節の変わり目になると起こりやすい「自律神経失調症」

現代生活が火種になっていることが強いように思います。

「めんどくさい」「しんどい」「だるい」と言わず、
日頃から自然を肌で感じ、
外に出て散歩などして外の空気を
「鼻から吸って鼻から出すこと」

身体が季節の変化を感じやすい秋頃は、
日常の生活の中に答えがあることを知っていただきたい。
ほとんどなんです!!

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る