梅雨に入り、
クーラーでカラダが冷えている人が続出しているように思います。

この時期は、扇風機に当たる時も
「背中側」に風を受けるのは要注意です 。

カラダを冷やす風を、お腹側から受けた時は大丈夫なんですが
この時期は背中側から冷たい風を受け続けるとだるくなります 。

試しに背中側から首筋にうちわの風を当ててください。

風がイヤだと感じたら、それは東洋医学では「悪風(おふう)」と言って
背中に風が入り、風邪を引く一歩手前かもしれません。

夏の風邪は咳、鼻水と、なかなか治りにくいので、気を付けてくださいね。

そんなときの対処法としては、
シャワーをいつもより2~3℃高めにして
背中に熱いと感じるくらいのシャワーを当ててください。

背骨の真ん中、背骨に沿って、
上から下まで少し熱めのシャワーを当てていくと、
熱く感じなくなっている鈍い部分があると思います。

鈍い部分はねじれがあるところでもあります。
その部分に熱く感じるまでシャワーを当て続けてください。

長時間、クーラーのかかる職場、デスクワークの方は
冷えている部分があることが多いので、
カラダのだるさが抜けてスッキリします!!

もうひとつ、夏の「睡眠」についてご紹介します。

夏はほかの季節(特に冬)よりもカラダがゆるみやすい季節です。

寝ている時はカラダがゆるんでいるのですが、
この夏の時期は他の季節よりも最初からゆるんでいるので、
寝すぎるとゆるみすぎます。

寝違い、筋違いなどが多い季節です。

だから遅寝、早起きぐらいがちょうどいいです。

プラスして昼食後15~20分ほどの昼寝が良いです。

季節によってカラダのゆるみ方が違うから、
睡眠のとり方も変わってくるのです。

少しくらい睡眠時間が短くても、
カラダはゆるみやすいから安心してください。

起きる目安ですが、
朝日を浴びて目が覚めた時!!

トイレに起きたり、自然と目が覚めてしまったら
そのまま起きた方が良いです。

もう少し時間がある!!と思って、得した気分で寝ると、
ゆるみすぎて一日中だるいです・・・。

カラダがゆるでいる時に寝すぎると、
朝起きた時に顔がむくんだように、たるんじゃいます

これが女性の天敵、「シワ」の元に実はなるのです。

夏の養生の仕方は、もう一度言いますと
「寝すぎるとカラダがだるくなって、しかも顔に『シワ』ができる原因になる・・・」

う~ん。
だったら思い切って、朝早く起きましょうか

「早起きは三文の徳」が一番あてはまるのが“夏”です。

日頃忙しくてできなかったことをやったり、
朝の涼しい時間を利用して散歩したり、
心にゆとりができるような時間に当ててはいかがですか?

早めに家事をすませて、ゆっくりする時間を作るのもいいでしょう。 

暑くてどうせ運動不足に拍車がかかります。

カラダを動かさないのが、カラダのだるさの原因

だるさが気になるなら、カラダを動かしてください!!
当院で手足を動かす調整を受けてください

これから暑さが本番。

夏風邪を引いたら、冷えをとることをまず考える。
カラダがだるかったら惰眠を控えて「動く」

暑い夏を一緒に乗り越えましょう!!

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る