以前、娘の卒園式に出た嫁さんは、着物を朝早くから着付けしました。

僕は着物姿の人を見ると、キレイだなって思います。
動きが優しくて、日本人で良かったと思います。

けど、昔の人は着物が「はだけない」ように、しわが寄らないように動くと、
どうしても
「歩く」「立つ」「座る」「物を取る」「置く」
すべてが丁寧で「優しい」動きになってたはず

昔の日本家屋を見ていると、床は薄いし、ふすまの開け方、建てつけも悪い・・・
だから建物に優しい動きをしないと家が壊れてしまいます。
そういった環境の中で、昔の日本人はモノを優しく扱う習慣がつきました。

昔の一般人が普通にやっていたことが、現代の我々には多分できません。。
ドタドタ、ガチャガチャ、人とぶつかりながら生活しているかもしれません。
だから腰が痛い、肩がこる、膝が痛い…と思っています

どこの治療院やマッサージ屋さんに通っても、
強い、刺激量の多い治療は、
かえって強い炎症による過敏性が邪魔をする可能性が高く、
逆に優しく弱い刺激であれば、治療行為に負担をかけない。

下駄も地面とケンカするように歩いていたら、
地面も下駄も傷つくし、鼻緒がくい込んで痛い。。。

地面にも下駄にもカラダにも自分にも
「優しい動き」をしていると必然的に大事な筋肉が使えるようになる~~~

僕は施術をするときも、関節の可動域が広がりさえすればOK、
なんてことはないと思っています。
関節が動きすぎることで、カラダが本能的に
「これ以上動かしたら壊れる、ヤバイ」と察知して
周りの筋肉が硬くなることだってあります。

10年以上前から単に
「ほぐす」「柔らかくする」ことよりも
安定させる」「守る」「保護する」という施術をした方が
結果として「柔らかく」なり、カラダがまっすぐ安定しました。

春は東洋医学的に「肝(かんぞう)」が強まり、怒りやすくなり、目が疲れ、
筋肉が緊張しやすいと言われています。

怒るとアドレナリンを出し続け、緊張し続けるので
肩がこって当然ですし、内臓に影響が出てもおかしくない。
怒ると激しく緊張して動くので、
呼吸も浅くなっているか、止まっているかもしれません。
呼吸が止まれば脈も速くなります。
交感神経が優位になると、筋肉はおのずと緊張します。

だからこそ、調整では呼吸を観察しながら、
「優しく動かしています」

日常でも人とぶつからないように優しく生活していると
必要で大事な筋肉や神経が常に働く。

「優しく動かす」ことで歪みもとれてきます。
立ち振る舞い方も変わります

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る