柔道整復師と鍼灸師の資格を取得してます
スタイル新伊丹治療院の西村です。

前回の続きです

2.内耳
また、大きな原因のひとつに、「内耳」が関係しているといわれています。
内耳には気圧の変化を感じとるセンサーがあるそう。

内耳で気圧の変化を感じると、
センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、
自律神経系を活性化させます。

そのセンサーを通じて自律神経系のバランスが崩れることで、
血流不良や筋肉の緊張から「頭痛・だるさ・めまい・むくみ」などの
不調が引き起こるといわれています。

3. 対策

気圧の変動による体の不調を和らげるためには、以下の点に注意することが重要です。

①適切な保湿と水分補給
水分を摂りすぎると、平衡感覚を司る「内耳(ないじ)」がむくんで血流が悪化し、
めまいや頭痛を起こすこともあるといわれています。

一気に水分を摂取するのではなく、
こまめに水分補給をすることが大事だそうです。

②体を動かそう

また、梅雨の時期なんかは、私も体調が最悪の日が多いのですが、
これは湿度が高くなり、体が汗をかけなくなるからだそう。
梅雨時は室内にこもりがちですが、晴れ間があったら外に出て、
身体を動かす。

食事や睡眠など、生活リズムを整えると良いそうです。
冬の場合は、体の冷えから症状が重くなっていることが多いと言います。

毎晩、風呂でぬるめのお湯(40℃前後)に10〜15分ほど浸かり、
体を温めてから眠るのが大切だとか。

しかし、寒いのでなかなか体を動かす気分にならなかったりしますよね。
体を動かさずにいると、筋肉が収縮し血流が悪くなってしまいます。

何もランニングや筋トレをする必要はありません。
軽いストレッチやヨガなどをして身体を温めると良いと思います。

また、ヨガやストレッチを行う際、意識をしながら呼吸を行なうことにより、
自律神経を整えることもできます。

③耳を温める

耳には自律神経に関するツボが集中していると言われています。
そのため、耳を温めると全身の血行が良くなり、自律神経が整うんだそう。
昔は耳あてしてましたよね

温め方のひとつは、マッサージがあります。
耳をいろんな方向に優しく引っ張ったり、
回したりしてみると耳がポカポカするのを感じるはずです。

私も、お風呂に入っている時によくやります。
また、耳を温めるグッズも使ってみると良いかも。

私は朝ラン用に耳当てを家族からプレゼントしてもらいましたが、
めちゃくちゃいいです。

耳があったかいと、耳当てなしのときよりもずいぶんあったかく感じますよ。

終わりに

気圧の変化が体に及ぼす影響は個人差があるものの
日常的なケアが不快な症状の軽減につながることもあります。

痛み止めも、飲みすぎると逆にそれが頭痛のもととなることもありますしね。

当院では手足の左右差とまっすぐ立てる状態が
頭痛や不定愁訴の改善に役立ちます。
お気軽にお問い合わせください。

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA


LINE@でもカンタンに予約が出来ます

■ 阪急伊丹線 新伊丹駅 徒歩30秒
■ 新規は1日2名様限定
■ 専用駐車場 2台有
■ 定休日 日曜日/祝日/木曜日午後

072-777-3778ホームページを見て…とお電話ください。

〒664-0853
伊丹市平松4丁目1-23 新伊丹ヒルズ一階

  • スタイル新伊丹治療院
  • 西村 隆志

施術時間※定休…日曜日/祝日/木曜日午後 …9:30〜17:00まで(昼休み無)

施術時間:午前9:00〜12:00 午後14:00〜20:00 ※定休・・・日曜・木曜午後(土曜は17:00まで)

このページの先頭に戻る